調理師

  • [ 調理師を目指す人のための総合ガイド ] 

調理師の通信講座を検討中なら?

はじめに <調理師とは?>

料理に携わる仕事をしようと考えるとき、一番に頭に思い浮かべるのは調理師という言葉ではないでしょうか。

調理師とは、その名のとおり調理師の免許を取得した人のことをいいます。

調理師になるためには、大きく分けて二つの方法があります。ひとつは指定施設を卒業して無試験で調理師の免許を取得する方法。そしてもうひとつは試験に合格して調理師の免許を取得する方法です。

さまざまな資格がありますが調理師という資格は、実は、調理師だけができる調理師だけに許された行為をいう特別なものを与えられているわけではありません。

例えばあなたが飲食店を始めようとするとき、必要になってくる資格というのは食品衛星責任者の資格になります。

特定の大きさを超えた給食施設では、栄養士や管理栄養士の存在が必要不可欠です。
ではそれ以下の大きさの給食施設では?…調理師だけでも運営は可能ですが、毎月の献立メニューを医者に提出する義務が発生してしまうのです。


どこか飲食店で料理人として働こうと考えるときでも、調理師の資格を持っていなくても働ける現場は山ほどあります。このように免許を持っていなくてもその仕事ができる公的資格を名称独占資格といいます。調理師以外に保育士などがこれにあてはまりますね。

余談ではありますが、逆に免許をもっていなくては仕事ができない公的資格を業務独占資格といい、医師や看護師、弁護士、税理士、司法書士などがあてはまります。

しかし、調理師の免許を取ることによって、専門調理師や調理技能士などの資格を取得するときに、食品衛生責任者の講習が免除されたりなどの特典があります。料理人としても、調理師の免許を持っているからこそ発揮できる即戦力や応用力は料理人としての将来に大きな可能性をもたらすでしょう。

料理の基本や幅広い知識、奥深い楽しさを身につけることができる調理師の資格。
食のプロへの第一歩となる存在といえるでしょう。

メニュー
ユーキャンの通信講座なら

1.働きながらでも、1日1時間程度でOK!
2.はじめての方でも標準6ヶ月でOK!
>> 詳しくはこちらから